徹底比較!ECサイトで稼ぐにはBASEとShopifyどっちがオススメ?

悩んでる人

・ECサイトはどうやってやるんだろう?

・ECサイトはたくさんあってどこで始めるのがいいかわからない…

・自分に合ったECサイト選びがわからない…

このようなお悩みはありませんか?

ECサイトでは、WEB上に自分のお店を立ち上げ、簡単かつ自由に商品を販売することができます。

いわゆるネットショップ、ネット通販です。

すごく便利なサービスですが、ECサイトにはたくさんの種類があります。

サービスによって特徴も様々で思い通りのECサイトを作るためには、サービス内容をしっかり把握し、自分のイメージに合うものを探す必要があります。

今回の記事では、数あるECサイトの中から今大人気の「BASE」と「Shopify」について詳細を説明し、比較をしていきます。

ECサイトを始めたいが、どのサービスを利用するか悩んでいる人に、ぜひ見てもらいたい内容となっています。

結論からいうと、ECサイト初心者でまずは始めてみたい場合はBASE、本格的にECサイトでしっかり売上を出して規模も拡大していきたい場合はShopifyがおすすめです!

この記事はこんな人におすすめ

  • ECサイトでネットショップを立ち上げたい人
  • ECサイト初心者の人
  • ECサイトでどのサービスを利用するか悩んでいる人
目次

ECサイトを始めるならBASEかShopifyがおすすめ

ECサイトとは、Electronic Commerceの略で、自社の商品やサービスをインターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことです。

ネット通販やネットショッピングのサイトと思えば大丈夫です。

ネット通販やネットショッピングで一番思い浮かぶのがAmazonや楽天などかと思いますが、こういったサービスはAmazonや楽天のECサイト上で、たくさんの人が出店や出品している状態です。
つまりAmazonや楽天のECサイトの中で行われていることです。

BASEやShopifyはEコマースプラットフォーム

その一方でBASEやShopifyの場合は、ネットショップが簡単に無料で開設することができるEコマースプラットフォームです。

Eコマースプラットフォームを簡単に説明すると、できあがったシステムの中で自分のネットショップを作ることができるサービスです。
独自で一からシステムを構築する必要がないため、手軽にネットショップを開設することができます。

一からプログラムでECサイトを作らなくても、こういったBASEやShopifyなどのEコマースプラットフォームを使えばプログラミングが出来ない人にとってもビジュアルで直感的な操作で簡単にECサイトが出来るので、今は個人でも簡単に自社ECサイトを持つことが出来ます。

国内ではBASE、海外ではShopify

その中でも、日本国内ではBASEが一番人気があり、海外ではShopifyが一番人気があり定番となっています。

ITやWEBに全く詳しくなく尚且つ国内だけでまずは始めてみたい方にとっては、BASEがいいでしょう。

越境EC、グローバルEC、クロスボーダーコマース、ボーダーレスビジネス、インターナショナル販売とも呼ばれる国境を越えて海外にも売り出したりグローバルに展開を考えている方にとっては、Shopifyに挑戦してみるメリットはたくさんあります。

BASEでECサイトを始めるメリットは?

まずは、BASEでECサイトを始めるメリットをご紹介します。

BASEでECサイトを始めるメリット
  • 登録料、月額費用が必要なし!
  • 利用できる外貨の種類が多い
  • サイト作成時のテンプレート数が多い

登録料、月額費用が必要なし!

BASEでECサイトを始める際に、登録料や月額費用は掛かりません。

BASEでは商品が売れたときに手数料が差し引かれるシステムです。

新しいビジネスをスタートさせる時には、初期費用やこれから支払う月額費用を準備する必要があります。

そのため、まだ知識のないビジネスに踏み込む際、費用面から躊躇してしまう人が多く、スタートの機会を逃している人も多いでしょう。

しかし、BASEでは費用を極力掛けずECサイトを立ち上げ、新しいビジネスを続けていくことができます。

固定費用が掛からないと始めるハードルが下がり、より気軽に新しいことへチャレンジすることができます。

誰もがスタート時は初心者なので、思い切ってその世界に飛び込むことも大切です。

その点、初期費用や月額費用が無料であれば始める背中を後押ししてくれます。

利用できる外貨の種類が多い

BASEは利用できる外貨の種類が多く、海外の顧客も捕まえることができます。

ECサイトの魅力は、世界中の誰もが見られるWEB上にお店をオープンできることです。

実店舗を持つことが夢の人も多いですが、実店舗を構えてしまうと遠くからお客さんに来てもらえない限り幅広い地域で顧客が捕まえられません。

その点、BASEであればECサイトであるため、地域関係なくたくさんの人に利用してもらえますし、その範囲は国境も超えます。

他のECサイトサービスには、外貨の利用種類が少ないものもありますが、BASEはアプリ利用で34種類の外貨に対応しており、様々な国の通貨に対応ができます。

サイト作成時のテンプレート数が多い

BASEは、サイト作成時のテンプレート数が他のサイトと比較して多いです。

BASEは有料のテンプレートを含めると100種類以上の数があり、たくさんの選択肢の中から、自分好みのテンプレートを選ぶことができます。

テンプレートでありながら、これだけの数があると同じジャンルのECサイトを展開している人ともデザインがかぶりにくいです。

サイトは、できるだけオリジナリティがあるように工夫することで、見に来てくれるお客さんの印象に残りやすく、また購入しようと思ってくれるチャンスが増えます。

なかなかECサイトで個性を出すことは難しいかもしれませんが、自分なりにデザインを統一したりして工夫をするようにしましょう。

BASEでECサイトを始めるデメリットは?

BASEは、メリットが多くあるサービスですが、その反面デメリットもあることを把握しておきましょう。

BASEは、月額費用が掛からないというのがメリットでもありますが、その分取引手数料や決済手数料は必要となります。

取引手数料が3%、決済手数料も3.6%+40円になっており、初期費用や月額費用が掛からない反面、売上が実際に出た時に手数料がかさむというデメリットが浮き出てきました。

売れて取引が成立した場合、6.6%+40円かかると覚えておきましょう。

ランニングコストがなく、売上が出た際に手数料が発生するBASEのような仕組みは、本格的にECサイト上で売上が出なくても続けられます。

ただし、ECサイトでガッツリ売上が出ている場合は、取引手数料・決済手数料が多く取られる仕組みだと、損をしてしまう可能性が高いでしょう。

ShopifyでECサイトを始めるメリットは?

次に、ShopifyでECサイトを始めるメリットをご紹介します。

ShopifyでECサイトを始めるメリット
  • プランを選択することができる
  • 1商品に対して登録できる写真数が多い
  • 決済機能が充実している
  • 世界のグローバル市場を狙っていける

プランを選択することができる

Shopifyは、目指した目標によって好きな月額プランを選択することができます。

選択できるプランは、3つです。

ベーシック

Shopifyで1番安いプランで、月額は29ドル、スタッフアカウントは2つまで作成できます。

基本的なECサイトを作成することが可能で初めて行う人は、最安価格のこのプランでも問題ありません。

WEB上だけであまり費用を掛けず行っていきたい人にオススメのプランです。

スタンダード

スタンダードプランは、月額79ドル、スタッフアカウントは5つまで作成可能なプランとなります。

ベーシックプランから更にパワーアップしており、リピーター分析や国家単位分析など利用できる機能が大幅に増えます。

リアルな店舗を持っていて、WEB上でも販売したい方や更にECサイトでの事業を拡大させていきたい人にオススメです。

プレミアム

プレミアムプランは、月額299ドル、スタッフアカウントは15つまで作成可能なプランです。

商品の質やサイトの質を追求させるだけではなく、SEO対策として顧客流入経路の分析や広告などを行うことができます。

集客に力を入れてさらに大きな事業を展開したい人にオススメのプランです。

1商品に対して登録できる写真数が多い

Shopifyは、1つの商品に対して登録できる写真数が250枚もあり圧倒的に他社と比較しても多いです。

写真の見せ方は、サイト全体のテンプレートデザインに次いで個性が出やすい部分になっています。

商品写真を工夫してより詳しい情報をWEB上に載せることで、実際に手に取ることなく購入しようとするお客さんの不安を少しでも和らげることができます。

より詳しい情報を素敵に写真に反映させることができれば、商品購入に踏み込んでくれるお客さんも多くなるでしょう。

少しの工夫で商品の購入率がぐっと上がるため、サイトデザインや写真には統一感を持ちこだわり高く取り組んでいきましょう。

決済機能が充実

Shopifyは、他者と比較しても決済機能が豊富で充実しています。

決済方法はクレジットカード決済やコンビニ・銀行振込はもちろん、携帯キャリア決済や、キャッシュレス決済も行うことができます。

このようなWEBでの買い物は、クレジットカードが便利ですが、そもそもクレジットカードを持っていない人もいます。

その際、コンビニ支払いや銀行振り込みを行うこともできますが、多くは手数料が発生してしまいます。

Shopifyでは、携帯キャリア決済やキャッシュレス決済が利用できるのでクレジットカードを持っていない人も手数料を掛けず商品を購入することができます。

世界のグローバル市場を狙っていける

Shopifyはニューヨーク証券取引所に上場しているカナダのサービスです。

現代のECサイトプラットフォームの世界的代表の存在であるShopifyは、もちろん日本のユーザーに向けてECショップを展開できますが世界に向けての展開も国内と変わらず出来るので、世界との壁はありません。

日本国内だけがターゲットの場合と、世界中のユーザーがターゲットの場合では、売れる数も売上も断然違いますよね。

日本人の人口は世界の人口の60分の1以下だという事です。

さらにこれから日本人の人口は減っていき、世界の人口は増えていきます。

世界のグローバル市場を考えるなら、Shopify一択です。

ShopifyでECサイトを始めるデメリットは?

Shopifyは、メリットが多くあるサービスですが、その反面デメリットもあることを把握しておきましょう。

Shopifyでは、ベーシック、スタンダード、プレミアムと3つのプランから選択することが可能であり、魅力の一つでもあります。

ただし、月額費用が最低でも29ドル必要であるため、固定費が必要となります。

本格的に商品を販売していて、利益が毎月出ている人であれば必要経費として問題はありませんが、個人で初めて実施する人は注意が必要です。

固定費が掛かると、その分以上の売上を月で出していかなくては、赤字状況が続いてしまいます。

赤字は少額ずつでも積もれば運営に響いてくるので、固定費以上の額を稼げるのかよく考えて登録をするようにしましょう。

また、世界のグローバル市場を考えて狙っていけるのがShopifyのメリットでもありますが、 かなり細かいやり方や世界中のクリエーターが作ったテンプレートなどの説明など、日本語で出てこない場合は英語で説明されている事があるので英語が必要になってくる場合もあります。

ただし、今は自動翻訳などもあるので、英語がわからない人でも文章などはどうにかなるかと思います。

BASEとShopifyを比較してみた

ご紹介してきたBASEとShopifyのサービスの詳細について改めて比較した内容をまとめます。

費用について

費用面について、BASEとShopifyともに初期費用は無料ですが、月額料金の有無と手数料設定が違います。

まず、BASEの場合は月額料金が無料であり、売り上げた際の手数料は掛かるもののサイトを始めるためのハードルは低いです。

Shopifyは有料プラン前提で月額料金が組まれている他、手数料も設定されているため、売上があまりない状態ではじめにECサイトを運営するための費用は、Shopifyの方が高いです。

ただし、下記のようにShopifyはShopifyペイメント利用で取引手数料が0円なのと入金手数料が0円なので、BASEが売値の 6.6%+40円掛かるのに対して、Shopifyは3.25〜3.9%だけで済みます。

ShopifyBASE
初期費用0円0円
月額費用29〜299ドル0円
取引手数料0円(Shopifyペイメント利用)3%
決済手数料3.25〜3.9%3.6%+40円
入金手数料0円
(Shopifyペイメント利用)
2万円未満:750円
(事務手数料500円含)

2万円以上:250円
入金サイクル金曜日に入金振込申請から10営業日

つまり売上を上げれば上げるほどトータル手数料の費用はBASEよりShopifyの方が安くなります。

例えば一番安いベーシックプランなら、月に約10万円以上の売上があるなら手数料はShopifyの方が安くなります。

売上が上がれば上がるほど、数パーセントの手数料も馬鹿にならない額になってきますので、各プランの費用や自身の売上によって損益分岐点を超えるようならShopifyの方が費用はお得になります。

機能性について

サイトを作成するための機能も、サービスによって異なります。

まず、BASEはサイトのテンプレートが有料を含め100種類以上と多く揃っており、テンプレートさえ購入すれば、他のサイトと被りにくくなりますし、日本語のテンプレートなのでわかりやすいです。

一方Shopifyのテンプレート数は公式の中だけで有料も合わせて64種類以上あり、実はShopifyは世界中のクリエーターがテンプレートを作っているので、非公式ですがテンプレート数は無数にあります。その為、自分にあったテンプレートの選択肢の幅はかなり広いでしょう。ただし世界中のクリエーターが作っているものは英語で説明されている事がほとんどです。

また、Shopifyについては商品に対して登録できる写真数が250枚と、BASEの20枚に比べ圧倒的に多く、商品の見せ方でもオリジナリティが出せそうです。

言語について

BASEは英語のみ対応しているのに対して、Shopifyは19ヵ国語に対応しています。

基本的には英語で世界中を広くカバーできるかとは思いますが、やはりグローバル展開も考え日本だけじゃなく世界にも売っていきたい、取引がしたい場合はShopifyがおすすめです。

費用を抑えて始めたい人はBASE、本格的に運用したい人はShopifyがオススメ!

BASE とShopifyについて詳しく説明しましたが、どちらが一概にオススメという訳ではなく、自分の目的に合ったサービスを利用する必要があります。

BASEは、月額費用や手数料が抑えられているため、ECサイトが初めての場合やあまり販売に時間が取れない人にはオススメです。

また、Shopifyは月額費用が常に発生しているため、利益を出さないと損失になってしまいます。

ただ、機能性がBASEよりも良くオリジナリティをサイトでも出していきたい場合はShopifyを利用すべきです。

結論として

  • ECサイト初心者で、売れたり利益が出るかわからないがとりあえずやってみたい場合はBASEがおすすめ
  • ECサイトでしっかり売上を出し、カスタマイズして規模を拡大していく場合は、最初からShopifyで始めることがおすすめ
  • 費用や手数料は売上が少ない場合はBASEの方が安く、売上が上がればShopifyの方が安くなる
  • グローバルに展開するならShopifyがおすすめ

自分に合ったサービスで、ECサイトを利用してきましょう!

また、ECサイトの制作・構築や代行もやっております。

・WEBサイトについて全く知識がなくても自社ECサイトを持てます。
・お客様の要望に合った提案をさせて頂き、 BASE、Shopifyどちらも制作可能です。
・ 忙しくてネットショップの運用が難しい場合は、運用代行もお任せください。


詳しくは下記よりお問合せくださいませ。

ECサイト制作・構築・代行はこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる