WordPressが圧倒的におすすめな理由【これを見れば無料ブログを選ばない】

世界中のWebサイトやブログで一番使われているWordPress。
でも、WordPressって初めての人にとっては導入や使い方なども少し難しく、

悩んでる人

そもそも有料なんでしょ?

だったらお金掛からない無料ブログの方がいいんじゃないの?

こう思っている人も多いかと思います。

この記事では、無料ブログがあまりおすすめしない理由、そしてWordPressがおすすめな理由を解説したいと思います。

目次

WordPressとは

WordPressとは、いわゆるコンテンツマネジメントシステム(CMS)というものです。

簡単にいうと、「プログラミングやホームページの制作ができない人でも、簡単にコンテンツを管理できる仕組み」ということです。

通常は、ホームページに新たに記事を追加したりカスタマイズしようとすると、HTML等の言語を使い、自分でコードと記事の文章を書いていかなくてはなりません。

HTMLやCSS、PHP等のプログラミング言語を勉強したり理解しないと出来ないので、一般の人にとってはハードルが高いです。

それがWordPressの場合は、HTML等のコードがわからなくても、文章を書いたり写真を簡単に挿入したりするだけで、記事やニュースを更新していくことができます。

そして、無料ブログのように所有者がその企業(親)のような関係性がないので、まさに自分だけのWebサイトやブログをWordPressで作れるという構図です。

WordPressってブログなの?

よく「WordPress=ブログ」と勘違いしている人もいるみたいですが、

WordPressはブログではありません!

WordPressを使って自分のWebサイトやブログを作ったり更新したりするという事です。

その為、WordPressを使う場合は自身のWebサイトを持っていないといけないという事なのです。

WordPressと無料ブログの根本的な違い

まず世の中のWebサイトがどのように動いているのかを理解する必要があります。

わかりやすく例えると、Webサイトの構図

ホームページ=家
サーバー=土地
ドメイン=住所

このようになっています。

つまり、ホームページやブログはサーバーの中にあります。(家は土地の上にあるのと同じ)

そして各ページを訪問するのにドメイン(住所)が必要です。

サイト訪問者は各ページ(住所)を訪問する事で、そのドメインに保管されている情報を見る事が出来ます。

このような構図になっている為、WordPressを使って自分だけのサイトやブログを作る場合は、サーバー(土地)とドメイン(住所)を自分で契約して取得する必要があるのです。

一方で世の中にある無料ブログの場合は、あくまでそのブログサービスを提供している企業の土地(ドメイン)、家(ホームページ)内で記事や各ページ(住所)を更新するといったイメージです。

下記にWordPressと無料ブログの違いを図にしたので参考にしてください。

WordPressって有料なの?

よく無料のブログと有料のブログという風に分けられて、有料のブログと言えばWordPressというように言われるので、WordPressが有料のように思う人も多いかと思いますが、WordPress自体は無料です。

しかし、インターネット上に公開するにはWordPressの利用とは別に、ドメインの取得やレンタルサーバーなどが必要となりこれらには費用が必要となります。

ここがWordPressが有料と言われる部分なんですね。

WordPressを使う場合は、自分だけのサイトをWordPressを使って作っていけます。

ですので、上記の画像のようにサイト情報を保管、表示するサーバーが必要となり、一般的には気軽に誰でも使えるレンタルサーバーを契約して、そこに保管します。

そしてドメインというのは、そのサイトの住所のようなもので、どのサイトも「http://~」というように表示されていますよね。

これがドメインです。

このドメインももちろん、WordPressを使う場合は自分だけのサイトなので自分でドメインを決めて取得する必要があります。

つまりWordPressを使って自分だけのサイトやブログを作る場合は、サーバーとドメインが必ず必要になり、その2つが有料となるのです。

WordPressが圧倒的におすすめな理由

率直に言うと

  • ブログで稼いでいきたい場合
  • 自分だけのサイトを作っていきたい場合

この2つの場合はWordPressが圧倒的におすすめです。

無料ブログはなぜダメなの?

どこかの企業やサービスが自社で提供している無料のブログは、そこの会員に登録すればブログをすぐに書いていく事が出来ますが、あくまでそこの企業やサービスの中にブログを書いている事になるので、デザインやカスタマイズなんかも予めその企業やサービスが設定している範囲でしか出来ません。

そして、万が一将来その企業がブログサービスを停止したり、会社が潰れてしまった場合はこれまでのブログが無くなってしまうリスクもあります。

更に、ブログで利益を上げる場合は広告が主になってくると思いますが、その広告も自由に貼れなかったり何かと制限があります。

自分のブログにその企業が設定した広告が勝手に表示されたりするのも、その企業のものだからですね。

自分でせっかく書いたブログなのに、その企業が広告貼ってその企業の利益になるのは勿体ないよね。

そうよね。自分のブログにアクセスがせっかく来ても、無料ブログだとブログの持ち主はその企業ってことよね。企業がメリットを得るだけってこと?

もちろん無料ブログで人気やアクセスを集める事で、有名になったり話題になって知名度を広めるって意味では無料ブログもアリだけど、キャッシュポイントは他に持たないといけないよね。

なるほど。ブログで稼いでいく事を目的とする場合はWordPressが一番ってことね!

ブログで稼いでいる人は、ほとんどと言って良いぐらいみんなWordPressを使っているから、それが何よりの説得力だよね。

それに色んなお店や学校や会社なんかのホームページもWordPressを使って作られている事が多いみたいね。カスタマイズが自由に出来るから、WordPressでWebサイトは何でも作れちゃうってすごいね!

参考:無料ブログと有料ブログの違いについて

ブログで稼いでいく場合はWordPress一択!

ブログだけで生計を立てている人や、ブログだけで月に数百万、数千万の利益がある人もいます。

ブログで稼いでいくキャッシュポイントは主に下記の2つとなります。

  1. ブログにASP広告やグーグルアドセンスといった他社の広告を貼る
  2. 自分で何かサービスや商品を展開している

一般的には①がメインになってきますが、ブログに広告を貼ってその広告にクリックがあったり広告先のサービスや商品が購入されたりすると、報酬が入るものです。

②は少し難易度が高いかもしれませんが、自身でサービスをやっていたり商品があったり、お店があったり、ブログから稼ぐというよりはブログが宣伝や集客の役割になっていて、キャッシュポイントは自身のサービスでの売上に貢献するものとなります。

勿論、どちらも両方やっている人もいます。

ただ、どちらにしても共通する事はブログやサイトにアクセスがない事には稼げません。

そして、①の場合は広告を貼ったりアフィリエイト出来ないと稼げません。

以上の事から、無料ブログだけでがっつり稼いでいこうというのはなかなか厳しいです。

SEO的にも自分のサイト(資産)を守る為にも、広告やデザインも自由でカスタマイズも自由に出来る自分だけのオリジナルサイトを持つという意味でも、WordPress一択となります。

まとめ

  • ブログで稼いでいきたい
  • Webサイトの資産を作りたい
  • 自分だけのホームページやWebページが欲しい

こういった方には、WordPressが圧倒的におすすめです。

無料ブログを使う場合は、リスクを理解した上で

  • 知名度だけを広めたい
  • 他にキャッシュポイントがあってそちらに流す為だけ
  • メインはワードプレスがあって、2つ目や3つ目など複数のサブブログの為

など、目的にあった使い方をするのはありかと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる